三昭建設株式会社 | 新築住宅 | 住宅リフォーム | リノベーション | 注文住宅 | 東京 | 横浜 | 相模原 | 多摩地区 | 八王子

 

新築マンションに勝る中古マンションリフ

 

1.立地が良く、価格も安い

1.立地が良く、価格も安い
 
新築マンションをご検討している方は、立地、価格、仕様、住まい方など、本当に満足するマンションを確保するのは大変なことです。
特に立地では、マンション販売会社ですら都心の良い土地を確保することは至難の業なのです。
もし20年前でしたら、今より駅に近く通勤やショッピングに便利な場所がたくさん在ったはずです。
そうした土地に建てられたマンションが現在の「中古マンション」です。中古マンションは、購入の際の条件のトップに挙げられる、立地が優れているのです。
中古マンションのもう一つの魅力は価格の安さです。
新築マンションの価格は、多大な広告費、モデルルーム建設費が上乗せされているのです。
新築マンションの価格は、完成した時が一番高いのですが、年々下がっていきます。
10年も経てば当初の購入価格の半分近くになっている場合が在ります、つまり買主は「建物本来の価値」にではなく、「新しさ」にお金を払っているのです。
中古マンションで、構造も管理状態もしっかりしている20年前のマンションの方が安くてお得なのです。
 

2.資産価値を挙げることが出来る

2.資産価値を挙げることが出来る
 
中古マンションでもリフォームすれば、新築以上に快適な住まいが実現するだけでなく、資産価値をぐんと上げることが出来ます。
新築マンションの現在の財務省が定める建物の減価償却期間は60年、管理次第では60年は持つという見方もあります。
寿命を60年とみても、築20年の中古マンションであれば、後40年住むことが出来るのです。
築20年の中古マンションの価値は、新築マンションの半額以下、いやもっと低いかもしれません。
たとえば、築20年の中古マンションを買い、リフォームした後10年間住んで、何かの事情で売る事になったとします。それでも法定耐用年数から考えれば、後30年は持ちます。
その場合、同じマンションの他の部屋と比べて部屋の中がきれいですし、こだわりのある間取りや仕様にしていますので、価格を比較的高く設定したとしても、買い手がつきやすいでしょう。
賃貸に出す場合でも、同じ築年数の部屋よりも人気が高い物件になるはずです。
より資産価値の高い物件として活用するという観点でも、マンションスケルトンリフォームは、賢い考え方の一つなのです。
★実績例★
スケルトンリフォーム後、賃貸料を

相場より2万円アップでも即、
ご入居いただきました。
 
 
 

3.自由設計ができ、好きな間取りにできる

3.自由設計ができ、好きな間取りにできる
 
新聞にたくさんの新築マンションの広告チラシが折り込まれていますが、それは代わり映えの無い間取りではないでしょうか。
縦長の居住スペースで。奥にリビングがあって、リビングの隣には和室があって、寝室に、子供部屋が一つか二つ用意された3LDKもしくは4LDK。
限られたスペースで部屋が仕切られていますので、とても狭苦しい感じがします。
そしてA社もB社もC社も同じ間取りばかり。
家族構成が両親と子供が一人か二人という設定になっています。
夫婦二人や一人暮らしの人には、無駄な部屋が多く、快適な間取りとはいえません。
新築マンションの間取りは、基本的には変更できません。
最近では「間取りが自由に選べる」とうたっているマンションもありますが、決められた基本パターンから選ぶだけで、全然自由ではありません。
これでは、買ったマンションの間取りに自分たちの生活を合わせるという、なんとも窮屈な結果となってしまいます。
「賃貸の住まいが狭苦しくて不便だから、広くて快適な新築マンションを買おうと思ったのに、これじゃあんまり変化が無いなあ」と思っているお客様には、中古マンションスケルトンリフォームをお薦めできるのです。
以前のリフォームといえば、キッチンや浴室を新しくしたり、部屋を増やしたり減らしたりするといった、比較的簡単な工事が主流でしたが、そりでは大きな暮らしの変化は望めません。
どうせやるならスケルトンリフォームをお客様にお薦めします。
これは、ヨーロッパ発祥の「スケルトン・インフィル」という考え方に基づくもので、つまり構造躯体と各部屋の内装を別々に考え、マンションの各部屋を箱としてとらえ、箱の中は居住者が自由に決めましょうということです。
個性が多様化する時代にマッチした考え方です。
部屋をスケルトンにしてしまうことで「居住面積がどれくらいあるか」と、部屋自体の広さで考えることができます。
3LDKや4LDKといった凝り固まった考え方にとらわれることなく、お客様の好きなように、自由に間取りを考えることができるのです。
もちろん、広さや構造に制限はありますが、パターンが決まった新築マンションの間取りよりもずっと快適で、お客様のライフスタイルの合った空間が作れるのです。
部屋を間取りで見るのではなく、一つの【箱】として見ると、きっと自由な発想が出てくるでしょう。
型にはまらない、自由な快適な暮らしを提供できるのです。
 

4.インテリアと合わせた空間ができる

4.インテリアと合わせた空間ができる
 
たとえば、リビングのソファとテレビの位置を先に決めることで、次の空間や壁の色は、照明の明るさは、と考えて行くことができます。
そうすると自ずと自分に会った空間が出来上がります。
コンセントの位置もとても重要です。
新築マンションではコンセントのある位置は決まっていますので、テレビやダイニングテーブルの位置はほぼ決まってきます。
その点、スケルトンリフォームであればコンセントの位置が自由に出来ますので、家具が自由に配置できるのです。
もともとはソファだけを替えるつもりが、床、壁、ついには家全体までリフォームしてしまったという例もあります。
そういった考えが住まい作りのためにはとても大事なことなのです。
広さが限られているマンションだからこそ、インテリアから考えるべきなのです。
 

5.好みに合った住宅設備が得られる

5.好みに合った住宅設備が得られる
 
「こんなキッチンで好きな料理を作りたい」「丸くして広い浴槽でくつろいで入りたい」と思っていても、残念ながら新築マンションのキッチンやお風呂はすでに決められていますので、入れ替えることは出来ません。
最近では「設備が選べます」とうたっているような新築マンションも増えてきましたが、キッチンの色を選ぶとか、居室のタイプによって浴槽の大きさが違うとか、せいぜいその程度。
食器洗浄機や浄水器が備え付けられたキッチンも多くなりましたが「デザインのいいドイツ製の食器洗浄機が使いたい」と思っても、そのご希望は叶えられません。
浄水器もそうです、好きな浄水器を使いたい場合は、別に取り付けることになります。
でも、「マンション住まいで設備にこだわるのは無理かな」と思っているお客様には、マンションスケルトンリフォームなら、ご自分のお気に入りキッチンや浴槽など、使いたい設備を先に決め、使い勝手を考慮しながらレイアウトできるのです。
そして、その設備の大きさや型に合わせて、すっきりと洗練されたデザインに仕上げることが出来るのです。
お客様には、ご自分のお気に入りの空間が充実することで、生活すること自体がもっと楽しくなるはずです。
また、大きなお金をかけて住まいを買うのですから、マンションだからとあきらめずに、もっとわがままに考えていただけるのです。
 

6.好みに合った素材が選べる

6.好みに合った素材が選べる
 
間取り同様、新築マンションでは、素材がほとんど決められています。
床、壁、ドア---
住宅会社があらかじめ選んだ素材に合わせるしかありません。
住宅会社の標準仕様では、ほとんどが床は合板のフローリング、壁はクロスです。
合板もクロスも価格が安く、簡単に施工が出来るのです。
その他の仕様についても、大抵「安さ」や「施工のしやすさ」で選んでいます。
工期が短く済み、住まい全体のコストが安くなるため、断然売りやすくなるという訳です。
シックハウス症候群やアトピーの原因になるホルムアルデヒドといった有害物質に、体が敏感に反応する人も増えています。
そんな人にとっては、標準仕様がどんな素材を使っているかということは大問題です。
また、無垢材や珪藻土など、できるだけ天然素材を使いたいという人もいるでしょう。
最近では、有害物質が出ないような素材を使っている新築マンションもありますが、自然素材にはかないません。
しかし、中古マンションスケルトンリフォームなら、ご自分の気に入った素材が選べます。
珪藻土や無垢材はもちろん、年数が経つほど味わいが深くなる素材など、良い素材はたくさんあります。
合板のフローリングは年数が経つと色が剥げてゆき、みすぼらしくなっていきますし、クロスも数年で張替が必要になってきますので、最初は安くてもアフターメンテナンスに余計なお金がかかります。
できるだけ自然に近いもので、長持ちする素材を使ったほうが良いのではないでしょうか。
 

7.防音工事で生活騒音をシャットアウトできる

7.防音工事で生活騒音をシャットアウトできる
 
マンションのデメリットの一つに、生活騒音の問題があります。
子供が走り回る音、ドアを閉める音、テレビやオーディオが響く音など、隣や上下階から聞こえてくる音にも気になりますが、自分たちの生活騒音が周りに迷惑をかけているかもしれません。
テレビの音量を小さくしたり、床に振動を与えないように歩いたりと、気をつけなればならず、ストレスのもとです。
通常床の防音はしているが、壁の防音はしていないというマンションがほとんどで、どのくらいの生活騒音がするのかは、住んでみないとわかりません。新築マンションでは、実際にどの程度の音がするのかを確かめられないのが難点です。
たてえば、「床に防音材を入れています」と工事担当者が説明したところで、その効果がどのくらいなのかは、まったくわかりません。
建物が完成する直前に、契約者に部屋を内覧させてくれる場合もありますが、そのときに騒音がすることがわかっても後の祭。
契約を取止めたいと思っても、違約金を支払わなければならない場合もあるのです。
建物も建っておらず、部屋を確かめてもないのに購入するなんて、本当は怖いことなのです。
その点、中古マンションであれば、今お住まいの方又買った方は入居前に部屋に入り、どの程度の音がするかなどをしっかりと確認できます。
リフォームのときに、壁や床に防音材や吸音材を入れることもできます。
その人の生活スタイルに合わせて、必要な場所に必要なレベルの防音材や吸音材を入れればいいのです。
お客様が選ぶので、防音の場所、防音の等級などもはっきりわかりますし、ストレスを感じず安心して生活ができます。
 

8.事前に管理状況や住人がわかる

8.事前に管理状況や住人がわかる
 
管理組合の存在は、マンションではとても重要です。
修理、修繕や管理、マンション自体の保全や住環境に大きくかかわってきます。
管理組合がしっかりしているマンションもあれば、そうでないマンションもあるので、きちんと見極めなければいけません。
ところが新築マンションの場合は、管理組合を最初から作って行きますので、管理組合として動き出すまでにとても労力を使いますし、果してよい管理組合になるかどうかは、入居者の努力次第です。
その点、中古マンションであれば、すでに管理組合は出来上がっていますので、しっかりしているかどうかを確かめることもできます。
よい管理組合であれば、よい住環境が約束されるのです。
また、新築マンションでは、どんな人が同じ屋根の下に住むことになるか、わかりません。
入居前に催される入居説明会の時には、顔くらいなら見ることができますが、自分から積極的に聞かない限り、職業の話などは聞きにくいものです。
いざ入居したら、お隣さんが気難しい人だったなどということもあります。
中古マンションなら隣の人や上下階に住んでいる人のことは、ある程度事前に知ることができます。
もちろんプライバシーにかかわることまでは聞くわけにはいきませんが、どんな人なのかくらいは教えてくれるはずです。
同じ屋根の下に住む人たちがどんな人かわからずに購入するのは、ちょっと不安ではないでしょうか。
 

9.眺望や構造などがチェックしやすい

9.眺望や構造などがチェックしやすい
 
新築マンションでは、モデルルームを見て購入を決めているのがほとんどです。
しかし、居室の全タイプを見ることはできません、モデルルーム以外のタイプの部屋は、図面で見て想像するしかありません。
窓からの眺望や日当たり、梁がどのあたりにあるか、間取りの雰囲気など、知りたいことは一杯です。
そりに、風向きによって入ってくる近所からの匂いなども気になるものです。
その点、中古マンションはすでに建っており、人も住んでいます。
実際の部屋を確認することができますので、眺望も日当たりも居室の広さも、そして匂いも、しっかり確認できて選ぶことができます。
マンションの構造や施工状態もチェックしておく必要があります。
判断基準の一つは、建築基準法で定められている「耐震基準」です。
現在の「耐震基準」は1981年に定められたもので「新耐震基準」と呼ばれています。
現在の建物はこの新耐震基準に沿って建てられており、その基準を満たしていれば、通常起こりやすい程度の地震で壊れることはないといわれています。
しかし、2005年に起きた「耐震偽装事件」などの例もありますから、施工技術や構造はしっかりしているか、実績のある会社が施工しているかどうかなども、前もって調べておきたいものです。
事件以降、業者や管理組合が耐震強度をチェックし直すところも増えましたので、中古マンションの場合、管理組合に聞けば、耐震強度の調査やアスベストの使用の有無も教えてくれるはずです。
 

10.消費税や修繕積立金がお得

10.消費税や修繕積立金がお得
 
中古マンションの場合、新築と違い消費税がかからないことがあります。
企業として商売するのではなく、個人と個人で売買するのであれば消費税はかかりません。
新築マンションや一戸建ては、住宅会社が商売として販売しますので消費税がかかります。
次に修繕積立金ですが、マンションを販売する住宅会社が最初に設定します。
その際、売りやすいように安く設定している場合があり、後で管理組合が見直したときに金額を上方修正することもよくあります。
その点中古マンションの場合、最初から金額がわかっていますので、月々の支払計画が立てやすいという利点もあります。
更に、例えば築10年の中古マンションを購入したとして10年前に新築で購入した売主は、10年間修繕積立金を払って居りますので、築20年目に外壁の修繕をするとしたら、御買いになった方は10年分の修繕積立金を払えばよくお得です。
 

お問い合わせ

お問い合わせ
 
   
注文住宅、狭小住宅、間取りなど住宅リフォームなら八王子市の【三昭建設 株式会社】。太陽光発電などのエコ対策や、マンションのスケルトンリフォームの施工も行っております。

 

 
【三昭建設 株式会社】
〒193-0833東京都八王子市めじろ台1-23-15
0120-305-346【留守番電話は定休日もOKです】
 
 
 
 
 
 
 
<<三昭建設株式会社>> 〒193-0833 東京都八王子市めじろ台1-23-15 TEL:042-665-5170 FAX:042-665-5414